リノベーション施工事例

オープンハウス開催中! 新瑞橋/53.50㎡ 自分のための家
自分のための家

「自分のための家」を造るなら・・

53.5㎡の1LDK。どんな間取りにしてどんな工夫をすれば、理想の家が造れるのか?
そこからリノベ計画がスタートしました。

まず、LDK・寝室・ウォークインクローゼットのそれぞれに必要な広さを確保。
お風呂も洗面も広くしたいから、思い切って廊下をなくす!というアイディアを採用。お風呂から出てそのままベッドへ!!という
まさに自分が暮らすための楽な動線ができました。

オープンなフレームキッチンの横には、家電も収納できる大容量のクローゼットを。
冷蔵庫も違和感なく&便利な位置に配置できるように、しっかりスペースを空けてあります。

LDKには大きなカウチソファとカフェテーブルを置いてもいいし、ダイニングテーブルと二人掛けソファという組み合わせでも◎
窓が多くて明るいリビングなので、居心地の良さは間違いなしです。

  • Before
  • After

床はカバ(別名バーチ)の無垢材

いつもはオーク材の床にすることが多いですが、今回はカバ材を選びました。
色味や木目がオーク材よりもスッキリ見える気がします。少し和の雰囲気もありながら、インタストリアルな家具にも合う。そんな印象です。

内装の色味は、白と黒と木目で統一。気取らずに、素のままで暮らせるような家にしたい。という思いでデザインしました。

オープンハウスも定期的に開催中です。

ぜひイベントページもチェックしてみてください^^