リノベーション施工事例

オープンハウス開催中! 千種/67.18㎡ 植物と心地よく
植物と心地よく

植物と一緒に心地よく暮らす2LDK

大きな鉢植えの観葉植物も、小さな多肉植物も、ドライフラワーも、盆栽も、しっくり馴染むリノベーション空間をデザインしました。

この家の一番のポイントは、LDKを杉の柱で間仕切って造ったインナーバルコニーです。植物のお世話がしやすいように、インナーバルコニーの床は土間仕上げに。柱と柱の間にハンガーパイプを取り付けてあるので植物を吊るすこともできます。日当たりがいい場所なので、もちろん洗濯物を干すのにもぴったりです。

無垢の北海道産オーク材の床、躯体のコンクリートをそのままむき出しにした天井、アンティークの照明器具も、植物と相性がよく素敵に馴染む組み合わせです。
 

心地よく暮らせる間取りとは

まず玄関とバスルームは広めに確保。そしてRoom1とLDKをつなぐ位置に大きなウォークスルークローゼット(通り抜けられるクローゼット)を。また、Room2の広さよりも、家中で拠点となるLDKを広くすることを優先しました。

キッチンと洗面所の壁はモルタル仕上げにして、水回り特有の生活感を感じさせない雰囲気に。洗面台は杉の古材を組み合わせて造ったオリジナルです。キッチンの扉はあえて暗めの色にして、空間を引き締めました。汚れも目立ちにくくておすすめです。

まだまだご紹介したいことはたくさんありますが、現在予約制オープンハウスを開催していますので、ぜひ実際にこの家の中でお話させてもらえたらと思います。

植物を飾った窓辺を見ながら、気取らずに自然体で暮らせる家。そんな印象を感じてもらえたらうれしいです。